切れないときは|といし豆知識|株式会社テイケン
といし豆知識
といしの三要素
表示の見方
砥粒について
粒度について
結合度について
組織について
結合剤について
周速度について
切れないときは
形状について
研削方法

といしを探す
製品一覧から
研削する材質から


砥石が切れなくなる現象について

砥石は適正な物を適正な条件で使わなければ不具合を起こして切れません。結合度で簡単に述べましたが、具体的にどの様な現象かご説明します。


現象 症状
目つぶれ 砥粒が摩耗しても脱落が起こらず、砥石表面が平滑になり、被削材が削れなくなる。
目詰まり 減った砥粒や研削屑が気孔に詰まり、被削材が削れなくなる。
目こぼれ 砥粒が摩耗する前に脱落が起こり、被削材が削れなくなる。

このような現象が起こったときには、何らかの対策が必要となります。砥石を変える前に、まず、研削条件を変えてみて下さい。
砥石の周速、ドレッシングの方法、切り込みの深さ、送りの速さなど一度見直して、それでも駄目なときは砥石を交換しましょう。

Copyright (C) 2006 TEIKEN Corporation. All Rights Reserved.
テイケンはおかげさまで70周年をむかえました!